You Tube

2008年5月 5日 (月)

ようつべいろいろ

Keisuke Kuwata - Love Machine (sound only)

Keisuke Kuwata - Love Machine (Live)

We Will Rock You Japan Ver.

Smoke On The Water Japan Ver.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月14日 (水)

Boot画像 Asia in Sao Paulo

最近は洋楽ネタばっかりで、

娘。他、ハロプロの事を書いてないけど・・・・

ベリーズの新曲&PVが非常に良くて、

Dohhh Up!でよく見てます。

でも、もっぱら You Tube探索ばっかり。

今夜は、こないだ見たHeaven & Hellを探したりとか。

いいのがあったので貼っておきます。

ロニーの声の状態は、公会堂のときよりも少しいい感じ。

ブートでもこのクオリティ。すげぇ。

Heaven & Hell - Neon Knights (in Kavarna Rock Fes. 2007/6/28)

もうひとつ、思い出したのは、春に見たAsia。

これは、オフィシャルアルバムの東京公演よりもかっこいいぞ?^^;

どーいうこっちゃ??アルバムの”バンドの統一感のなさ”を

感じさせないパフォーマンス。

Asia - Only Time We Tell (in Sao Paulo 2007/3/23)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 5日 (月)

極端な音楽

You Tubeを貼ってばかりで・・・ (-_-;)

しかし、検索するとなんでもあるんだなぁと感心する毎日。

今日紹介する2つのバンドは、

ハードディスクにファイルがいくつかあるけど、

ほとんど聞かない・・・というか、聞いちゃいられないバンド。

でも、なかなかいい音を出しています。

ドラムの腕があったら、こんなバンドをやってみたいです。

魂を削ってる感がgood。たまに出てくる美メロが心をくすぐります。

サバスの孫といった感じでしょうか。 

Anaal Nathrakh - The supreme necrotic audiance - LIVE

こちらは、ステージ(箱)の様子や、撮影のレベルからすると、

なかなかの知名度なんでしょうか?

アルバムだけ聞いていると、なぜこんな”結論”に至ったのか

よくわからない感じだけど、ライブパフォーマンスを見たら、

納得できました。ヘッドバンキング&高速回転が良いです。

叙情性を排除しているところがクールです。

Cannibal Corpse - Hammer Smashed Face

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月28日 (日)

いろいろと書いてみました

まず最初に・・・

Welcome Back !(^^)! Mick-san!!

マレーシアのクアラルンプールから、ハロープロジェクトへの熱い想いを

書き綴っているMickさんが、長い休みを終えて帰ってきました。

http://jinryuichi-hnph.blogspot.com/

長い休みというのは、実際は休みではなく、彼は結婚してから

非常に忙しい日々を送っていたようです。

彼のブログは、6月末にまこっちんの様子をUpしてから

更新が止まっていました。

このまま二度と更新されないのか・・・と、

ふと思ったこともありましたが、

彼の、並大抵ではない情熱が冷めることはないだろうと、

じっくりと待っていました。

「おーい、帰って来い~」とメールすることも考えましたが、

忙しい新婚さんに無粋なことをしちゃいけないと考えて、待っていました。

彼は、返ってきました^^。

これからも、綺麗な英文で、情報と情熱たっぷりの記事をよろしくね^^。

バンコクへ旅するとのこと、良いフライトを!

お土産、待ってまーす!僕も結婚祝いをEMSで送らなくちゃ!

今日は実家で夕飯を食べました。

Sony Music TVのビデオテープ、どこかにあるはずなので、

じっくり探してみました。出てきました^^。

Request Special は300回記念の放送でした。

CMが強烈に懐かしい!!

浅野温子の8ミリビデオ、坂を上る"Mr.Walkman"、

プリンセス・プリンセスのテープのCM。

うーん、You Tubeで検索したけど、上がってないみたいです。

早送りで観ているけど、過去にここで紹介したビデオばかりです。

やはり最初のほうのビデオは良く覚えているようです。

と思ったら、すげー懐かしいバンドのビデオが。

Girl - Hollywood Tease

現 Def Leppardのフィル・コリンがいた、美少年バンド。当時のビジュアル系でしょうか。

でも内容は、技巧派のバンドです。いいハードロック・ソング。

次は、この番組の放映時には既に過去のものになっていた曲。

でも、懐かしさを感じさせてくれます。この曲もSony製品のCMソングでした。

NEW KIDS ON THE BLOCK - Please don't go girl

New Kids On The Block・・・懐かしい。

この人たち、この放映から4,5年後に、伏見のヒルトンホテルで

見かけました。出待ちをしている女性の軍団がいたので、

どの芸能人かな?と眺めていたら、彼らがロビーから出てきました。

ところでこの人たちは、いまなにをしているんでしょう?

メンバーの一人はロック路線に転向して、ソロ活動をしていたような。

そして、こんな曲もありました。

Madonna - Lucky Star

この曲はデビューシングルかな?

いまと顔が全然違うけど、ガイ・リッチー的にはどうなのかな^^;

てか、ガイ・リッチーはこの曲を自分の映画でちょこっと使っていたような。

この頃~Justify My Loveまでのマドンナが、僕の許容範囲内です。

それ以降は、怖くなってしまいました^^; 年齢の問題じゃなくて。

そして、これも懐かしい!!

America - You Can Do Magic

フォークロックのような曲。

メガネのギターの人が、ケント・ギルバートみたいです。

この曲以外は知らないけど、ビックバンドなんですね。

次は、当時のミュージック・シーンをよく反映している曲。

Dokken - Burning Like a Flame

バンド円熟期の名曲。ビデオも、いかにもLAメタルでダサかっこいいです。

それにしても、ジョージのギター、かっこよすぎ^^。

このころのヤング・ギターは、この人の特集が多かったですね。

と、今日はYou Yubeはこの辺にしておきます。

先日の、Heaven & Hell 名古屋公演 於 市民公会堂のレポを少し。

さいたまスーパーアリーナで行われたLoud Parkフェスの後で

行われた、Heaven & Hell ジャパンツアー。

前座は、気鋭のスラッシュメタルバンド、Triviumでした。

予習不足でこのバンドの曲はほとんど知らなかったけど、

まるで80年代メタル全盛期に出てきたかのような勢いと轟音、

テクニック全開のギターソロ、存在感のあるボーカルに圧倒されっぱなしでした。

ボーカルギターの人は、山口の岩国基地生まれだからか、

日本語のMCも入って、前座とは思えない盛り上がりを見せていました。

客層は、スラッシュを嫌う年代の人も少なくなかったように思いますが、

会場がいい熱気に包まれていたように思います。

小休止をはさんで20時から、御大の登場。

一緒に行った友人が、「ロニーって65だろ?信じられる?」と笑っていました。^^;。

少しかすれているけど、すごい声量!!10年ぐらい前に見た、

ボトムラインでのソロ公演時と遜色ありません。

音程も、ほとんど外れていなかったと思います。

よほど、他の若いバンドのほうが普通に音やリズムをはずします。

セットリストは・・・最後の3曲だけしか、明確にはわかりませんでした。

びっくりしたのは、あの”dehumanizer”から2曲?演ったこと。

いや、dehumanizerが出たときは、こんなに聞けないアルバムも珍しいけど、

でも久々のロニー参加のサバスだから必死に聞いたけど、

やはり”TV Crime”しか良いと思えないなぁ・・・と思っていたけど、

いや、ライブだとComputer Godはいい曲でした。

そして弦楽器のトニーとギーザー。特にギーザーは、オジーの

”Retirement Sucks Tour”ですっぽかされたので、十数年来待ち焦がれました。

二人の余裕の演奏に感動。動く伝説は、まだまだ現役です。

しかし、ビニー・アピスのドラムソロは・・・2度目だけど、少し笑っちゃいます^^。

昔、ドラムのお師匠さんに、お前は下手だから知り合いのDIOのカバーバンドで

修行して来いという言葉を思い出しました

(結局、都合が合わなくて修行できませんでしたが)。

久しぶりのヘビーメタルのライブは、非常に感動的でした。

客層も、なんだか懐かしく感じました。

次のライブは、来週のなっちです。

また、レポしたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 9日 (日)

Sony Music TV "Request Special"

テレビ愛知でやってた、”Sony Music TV”。

中学~浪人時代の、音楽の情報源でした。

来日アーティストのビデオクリップとインタビューをまとめた”来日特集”や、

新譜発売特集、ジャンル別特集などいろいろありましたが、

数ヶ月に1度あるリクエスト特集は、非常に楽しみな企画でした。

その中でも特に良かった回のビデオクリップをYou Tubeで探してみました。

まず、Nik Kershaw。曲は、キョンキョン(高見沢作曲)の

”木枯らしに抱かれて”の元ネタです。

おとぎの世界のようなビデオが面白いです。けっこう¥かかってるような。

Nik Kershaw - The Riddle

これは、ソニーのテープかなにかのCMで使われた曲だったように

思います。大学時代に、近所のレンタル屋がつぶれたときに、

二束三文でこの人のアルバムが売られていました。買っておけばよかったな。

Teri Desario - Overnight Success

高校時代の友人に、この曲が異常に好きな奴がいました。

そいつに90分テープを渡して編集してもらうと、どこかに必ず

この曲が入っていました。

確かにいい曲です。アレンジもかっこいい。

Pseudo Echo - Funky Town

この回のリクエスト特集は、この曲が最初だったように思います。

このビデオクリップはこの放映の後に放送禁止になってしまい、

見ることができませんでした。

ビデオの冒頭にも、事実に基づいたもので刺激が強いので・・・という文言があります。

切なくなる曲です。

Motley Crue - You're All I Need

バンドの冠曲。非常に有名な曲です。

イギリスの野外コンサートで、このバンドがこの曲を演奏しているのを、

昔に衛星放送で見ました。

Big Country - In a Big Country

昨夜は、ダイアモンドホールにこのバンドを観に行ってました。

遅刻してしまい、この曲を見ることができませんでした(涙)。

唯一、知っている曲だったのに。

中学時代、東海ラジオの深夜の

”南野陽子のナンノこれしき(こんなタイトルだっけ?)”で

使われていたので、このエリアの特定年齢層には有名かと思います。

Toy Dolls - Nellie The Elephant

いざ書いてみると、なかなか思い出せないものですね。

実家に帰ったときに、このリクエスト特集のビデオを発掘して、

改めて見直し、ここにYou Tubeを埋め込んでいきたいと思います。

しかし、見事に80年代特集ですね^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日も懐古趣味

米ソ冷戦末期。ペレストロイカ、グラスノスチという言葉、流れの中で

出てきた、ソビエト出身のバンド。

世界情勢に飲まれて、アルバムを買ってしまいました。

こういった一発屋のアルバムこそ、持っていて面白いのかも。

Gorky Park - Bang !

70年代の刑事ドラマ仕立てのビデオクリップ。秀作です。

そういえば、高校時代、深夜のテレビで”刑事スタスキー&ハッチ”なんてのを

やってたっけ。まさにこんな感じでした。

このアルバムのツアーを、ダイアモンドホールで見れたのはラッキーでした。

ホールじゃ面白くないもんね。サマソニのオープンエアもイマイチでした。

Beastie Boys - Sabotage

特に思い入れはありませんが、

久しぶりに、イントロのタッピングが聞きたくなったのでUP。

White Lion - Love Don't Come Easy

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 6日 (木)

You Tube 懐古趣味

この前、ガイシホールで観たガンズは、まるでコピーバンドだった。

しかしこの頃は、神。バンドの状態、メンバー間の問題はいろいろあったろうけど、

いいパフォーマンス。

このトリビュート・ライブの録画ビデオは、友達に借して行方不明に。

ダイジェストじゃなかっただけに、非常に悔やまれます。

Guns & Roses - Paradise City

この音源の存在は友人から聞いていたけど、

実際に聞くのは初めてです。ドウィーゼルが、ヌーノとアルバムを作ってるときに、

酔っ払ったオジーに歌ってもらったらしいと、その友人は言ってました。

クオリティが非常に高いのが笑えます。ギターソロもかっこよすぎ。

オジーVSドウィーゼル&ヌーノって、すげー。

シャローンはこれ聞いて怒ったって、そりゃそうだわなぁ^^;

Ozzy Osbourne - Staying Alive (Music Only)

Best Hit USAで、小林克也が興奮して伝えていた、この覆面(してないけど)バンド。

この人たちは、ウィルベリー御一党だそうで、他の誰でもないそうで。

ツタヤでボックスセットを見つけたんだけど、Vol.1は持ってるから、

Vol.2だけ欲しいんだけど・・・ 資料的に。

Traveling Wilburys - Handle With Care

| | コメント (0) | トラックバック (0)