健康

2007年6月 9日 (土)

激しい肩こりがきっかけの、深夜のショッピング

今日は雨。

こういう日は、昔に痛めた首や腰が痛くなります。

腰痛や肩こりは高校時代からひどくて、鍼、マッサージなどいろいろ試していますが、

なかなか治りませんね。というか、痛みと付き合っていくしかないんでしょうね。

しかし今日は、どうにも痛くて仕方ない。これは我慢できん!どうしよう?と考えたら、

浪人時代によく使っていた、低周波治療器を思い出しました。

まったく勤勉じゃない浪人生でしたが、やはりに机に向かう時間が多かったので

肩と腰がしんどくて、勉強しながら低周波治療器でマッサージしてました。

昔の機器は、ボリュームともむ、たたく、のスイッチぐらいしかなかったけど、

今はどうなんだ?と思って、ヤフーのショッピングで見てみました。

さすが21世紀。高機能。液晶画面まである。ターゲットをこれに絞りました。

この時間(AM1時ごろ)にやってる電気屋さんなんてありませんが、

あの店は朝の5時までやってます。早速、近所のドンキに走りました。

よく考えたら今日は週末。夜中なのに若者でいっぱいです。

ウィークデーだと、キャバクラ嬢やフィリピーナと、それらのコバンザメばかりですが、

今日は、ちと足りなさそうな若者で賑わっていました。もし自分が10数年若かったら、

この中にいただろうと容易に推測できます。

真っ直ぐに電化製品コーナーへ。電子血圧計などのヘルスケア用品のところに、

ナショナルとオムロンの製品が5,6種類ありました。

値段は・・・高い!!価格.COMで見たのより¥1,500ぐらい高い。

どうしよう?明日か明後日、近所の量販店に行くか?

しかし、肩と首が痛くてたまらんのは、今、”この瞬間”である

ビックカメラやヤマダ電機は、基本的に休みの日しかいけない。つまり、早くて明後日。

通販だと、いまオーダーしても週末にかかってしまうから、届くのは早くて

1週間ぐらい後になるだろう。しかたない。購入させて頂こう。

少し安くて機能が若干少ない安いのにしようかと思ったが、潔く(?)、予定の機種を

購入。無駄に多機能な気もするが、めったに買うものじゃないから、これでいいのだ。

ひさしぶりにドンキに来たんだから、ちょっと店内を回ってみることに。

はしゃぐ若者の間をすりぬけながら、香水コーナーへ。

最近、気になるものになった香水。汗をかく仕事なので、香水は欠かせません。

昔は、カルヴァン・クラインのエタニティーぐらいしか使ってなかったけど、

いまは他に3種類使ってます。あと3種類ほしいかな。

香水はそれなりに並んでいたけど、値段も高いし、サンプルもなかったので

ちょっと見てスルー。あらかた、ブランドでどんな香りかわかるけど、

サンプルがないと比較検討できません。やんちゃな客層が多いドンキだと、

あっという間にとっちらかっちゃうのかな。

次、目に入ったのは時計コーナー。ここのドンキは、ファッション時計から

ブライトリング、オメガまで揃っています。そう、品揃えはすごい。

でも、さすがにここでブライトリングを買おうとは思わないなぁ^^;。

ひょっとしてこういうところには、大好きなセイコー5があるんじゃ?と思って

ショーケースをいろいろ見てたら、ありました。海外仕様時計のショーケース。

たくさん、セイコー5やら、クオーツのクロノ、カシオのデータバンク等が並んでいました。

うーむ、値段も良心的。どうしよう。。。。と悩んでいたら、隅っこに3,4つ、

セイコー・オートマチックのスポーツ、ダイバーズ・ウォッチがありました。

これは、いつも行っているロフトの時計屋にひとつ、ふたつあるぐらいで、

あとはネット通販サイトで見るぐらい。しばし悩んだ末、

え~い、ダイバーズウォッチはまだ持ってないから、買ってしまえ!ということで、

文字盤が黒い、¥22,800のものを選びました (*^^)v

あぁ、思わず深夜のショッピングを楽しんでしまいました。いい年して、ドンキで・・・・_| ̄|○ なんかウキウキしちゃったなぁ。まぁいいか。

076 左側のセイコーの時計は、部品は国産、組み立ては中国。

安くても機械式の秒針の動きはいいですね。質感もOK。

右側のオムロンの低周波治療器は、本当に多機能。

梅雨の季節に活躍して欲しいですね。

安い時計集め、マイブームになりそうです。ここのドンキで、¥7,000ぐらいの

セイコー5を集めてみようかな。仕事終わった後の、ちょっとした楽しみ。

一応、ケースと保証書もついてたし。バンドの長さ調整の腕はちと不安だけど、

毎日、見に行ける気軽さは、いいですね。

明後日の休みは、スウォッチのクロノを探しに、ロフトの時計屋に行ってみようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (5)