音楽

2007年10月20日 (土)

Radiohead - In Rainbows (New Release)

Radioheadの新作、In Rainbowsの

↓↓ 購入・ダウンロードのページ ↓↓

http://www.inrainbows.com/Store/index3.htm

ダウンロードの料金は、

Up To You なので・・・ お好きな料金を。

ちなみにですが、0ポンドでもOKだそうです。

ファイル形式はMp3、ビットレートは160kです。

i-Podに入れることもできます。

つい90分ほど前にダウンロードした自分は、

i-Podに入れて聞いています。いま2周目。

レビューを書けるほど聞き込んでないけど、

いい出来と言える内容だと思います。

前作が受け入れられなかった自分にとっては、

このアルバムが OK Computer ~ Kid A &Amnesiacの、

間のアルバムのように感じます。

ポジションは、OK~に寄っている感じです。

あややの新譜もなかなかいいけど、

しばらくはIn Rainbowをメインに聞きながら、

来週木曜日の、ロニー・ディオが参加したサバス

"Heaven & Hell"の予習をしたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月10日 (水)

祝 !ADSL速度アップ!

ADSLが12Mから47Mに速度アップしました。

このマンションはまだ光には対応していないので、

しばらくはADSLで我慢です。

大家さんは、安く・・というか無料で工事してくれる業者を

探しているようです。

いままでは You TubeやGyaoを観るのはかなりしんどかったけど、

昨日からは非常に快適な環境で、ゆっくり鑑賞できます。

ということで、今回もようつべ貼り。

まずは、石川さんとデート。4分半のデートを楽しんでください。

石川さん - モーニングコーヒー

そして、Sony Music TV Request Special 

先日実家に帰ったとき、ビデオテープのラックを探したけど、

リクエスト・スペシャルのテープは発見できませんでした。

ひょっとして、誰かに貸したのかもしれませんが、

大学時代に何度か見た記憶があるので、実家のどこかにはあると思います。

今さっき思い出したビデオクリップがこれ。

Alan Parsons Project - Don't Answer Me

アメコミ仕立てのこのビデオクリップは、

この番組で何度も放送されていたと思います。

きっとリクエストが多かったのでしょう。

ベタなアニメと曲がマッチした、非常にいいビデオだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 9日 (日)

Sony Music TV "Request Special"

テレビ愛知でやってた、”Sony Music TV”。

中学~浪人時代の、音楽の情報源でした。

来日アーティストのビデオクリップとインタビューをまとめた”来日特集”や、

新譜発売特集、ジャンル別特集などいろいろありましたが、

数ヶ月に1度あるリクエスト特集は、非常に楽しみな企画でした。

その中でも特に良かった回のビデオクリップをYou Tubeで探してみました。

まず、Nik Kershaw。曲は、キョンキョン(高見沢作曲)の

”木枯らしに抱かれて”の元ネタです。

おとぎの世界のようなビデオが面白いです。けっこう¥かかってるような。

Nik Kershaw - The Riddle

これは、ソニーのテープかなにかのCMで使われた曲だったように

思います。大学時代に、近所のレンタル屋がつぶれたときに、

二束三文でこの人のアルバムが売られていました。買っておけばよかったな。

Teri Desario - Overnight Success

高校時代の友人に、この曲が異常に好きな奴がいました。

そいつに90分テープを渡して編集してもらうと、どこかに必ず

この曲が入っていました。

確かにいい曲です。アレンジもかっこいい。

Pseudo Echo - Funky Town

この回のリクエスト特集は、この曲が最初だったように思います。

このビデオクリップはこの放映の後に放送禁止になってしまい、

見ることができませんでした。

ビデオの冒頭にも、事実に基づいたもので刺激が強いので・・・という文言があります。

切なくなる曲です。

Motley Crue - You're All I Need

バンドの冠曲。非常に有名な曲です。

イギリスの野外コンサートで、このバンドがこの曲を演奏しているのを、

昔に衛星放送で見ました。

Big Country - In a Big Country

昨夜は、ダイアモンドホールにこのバンドを観に行ってました。

遅刻してしまい、この曲を見ることができませんでした(涙)。

唯一、知っている曲だったのに。

中学時代、東海ラジオの深夜の

”南野陽子のナンノこれしき(こんなタイトルだっけ?)”で

使われていたので、このエリアの特定年齢層には有名かと思います。

Toy Dolls - Nellie The Elephant

いざ書いてみると、なかなか思い出せないものですね。

実家に帰ったときに、このリクエスト特集のビデオを発掘して、

改めて見直し、ここにYou Tubeを埋め込んでいきたいと思います。

しかし、見事に80年代特集ですね^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日も懐古趣味

米ソ冷戦末期。ペレストロイカ、グラスノスチという言葉、流れの中で

出てきた、ソビエト出身のバンド。

世界情勢に飲まれて、アルバムを買ってしまいました。

こういった一発屋のアルバムこそ、持っていて面白いのかも。

Gorky Park - Bang !

70年代の刑事ドラマ仕立てのビデオクリップ。秀作です。

そういえば、高校時代、深夜のテレビで”刑事スタスキー&ハッチ”なんてのを

やってたっけ。まさにこんな感じでした。

このアルバムのツアーを、ダイアモンドホールで見れたのはラッキーでした。

ホールじゃ面白くないもんね。サマソニのオープンエアもイマイチでした。

Beastie Boys - Sabotage

特に思い入れはありませんが、

久しぶりに、イントロのタッピングが聞きたくなったのでUP。

White Lion - Love Don't Come Easy

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 6日 (木)

You Tube 懐古趣味

この前、ガイシホールで観たガンズは、まるでコピーバンドだった。

しかしこの頃は、神。バンドの状態、メンバー間の問題はいろいろあったろうけど、

いいパフォーマンス。

このトリビュート・ライブの録画ビデオは、友達に借して行方不明に。

ダイジェストじゃなかっただけに、非常に悔やまれます。

Guns & Roses - Paradise City

この音源の存在は友人から聞いていたけど、

実際に聞くのは初めてです。ドウィーゼルが、ヌーノとアルバムを作ってるときに、

酔っ払ったオジーに歌ってもらったらしいと、その友人は言ってました。

クオリティが非常に高いのが笑えます。ギターソロもかっこよすぎ。

オジーVSドウィーゼル&ヌーノって、すげー。

シャローンはこれ聞いて怒ったって、そりゃそうだわなぁ^^;

Ozzy Osbourne - Staying Alive (Music Only)

Best Hit USAで、小林克也が興奮して伝えていた、この覆面(してないけど)バンド。

この人たちは、ウィルベリー御一党だそうで、他の誰でもないそうで。

ツタヤでボックスセットを見つけたんだけど、Vol.1は持ってるから、

Vol.2だけ欲しいんだけど・・・ 資料的に。

Traveling Wilburys - Handle With Care

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月20日 (月)

Summer Sonic 07 Osaka

2年ぶりのサマソニ参戦。

今回から舞洲の開催になりました。

総合して、前回までの南港よりもいいと思います。

まず、各ステージのキャパが大きくなり、演奏途中の入退出が容易になりました。

結果、いろんなバンドを楽しめるフェスになったと思います。

ステージ間の距離は近いとは言えないけど、南港のZepp~インテックスよりはマシかと。

キャパ不足の入場制限がかからないのもいいですね。

問題はあります。ありすぎるほどだけど、

もっともイタイのは、音質でしょうか。

Sky Stageの音質が異常に悪かったと思います。

最初は、こんなものだろう、気のせいだろうと思っていたけど、

Oceanと何度か往復して、確信に変わりました。

あの体たらくでは、幕張の劣化版と揶揄されても致し方ありません。

砂埃。あれは予想できなかったのかな?

シートか何かを敷いて、もっと散水して、なんとかしてください。

¥250の、500mlペットボトルは・・・・ 地元関西の人は、耐えられないかも。

観光気分だと、割と我慢できます。しかし、せめて¥200にしてください。

とまぁ、いろいろ不平はあるけど、いいステージをいくつも見られて、

非常に良かったです。最も充実したサマソニでした。

Sum41、良かったなぁ。噂に違わず、いいステージでした。

ボーカルのぶち切れ具合がたまらなくGood!!でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)