« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

2008年3月29日 (土)

TOTO & Boz Scaggs Live At The Nagoya Shiratori Century Hall 20080327

ついに行ってきました。

Bozおじさん。痩身の、背筋の通ったジェントルマン。

かっこいいですね。往年の女性ファンにはたまらなかったでしょう。

甘~い声で、甘~い楽曲をタイトな演奏で小一時間。

ちょっと甘すぎだったけどなかなか見れるものじゃないんで、

じっくり鑑賞しました。

TOTOにひけを取らない楽器隊の演奏には感服でしたね。

後半は、やっぱりルカサー乱入。あんたのギターうるさいっつーの(笑)。

でも、要所は締めて、あっさりすっきり前半は終了。

セットを入れ替えて、TOTOの登場。

いつもほとんど予習をしないけど、今回はこないだ、たまたま

スマスマを見てたら彼らが出てたので、それがいい予習になりました。

キムタクのツッコミでキーボードの黒人の方のキャリアがわかったり。

ルカサーは相変わらずやんちゃっぽかったりとか、そういうのも

わかったりしました。

カップリングツアーなので、前回行ったハロウィンとガンマレイのときのように、

往年のヒット曲のオンパレードかなと思ってたら、

結構最近の曲?が多くて、それはちょっとがっかりでした。

良い演奏、とくにドラムのサイモン・フィリップスが良かったです。

ジューダスのスコット・トラビスもそうだけど、

このクラスのドラマーになると、

太鼓や鳴り物の位置が特殊なので利き腕がわからない。

つまり彼らは、両手両足を自由自在に使ってぶっ叩いてるわけで、

そんなドラミングを体感できたのはよかったかな。

ボーカルの人、声出てなくてちょっと残念。

3曲目ぐらいで”パメラ”をやってくれたのはいいけど、

まるでカラオケでキーが高すぎて歌えてない状態で、

あれはやんないほうがよかったんじゃない?どうせSeventh Oneから

やるなら、Stop Loving YouかMushangaのほうがよかったかも。

オープニングチューンとしては、”パメラ”なのかもね。

後半も。。。Hold The Lineと、Hydraのちょっとだけとか、

古い名曲が少ない。。。

アンコールは納得でしたね。アフリカ。これやらないで帰ったら、

客は暴動です。最後は、ビートルズの With A Little Help From My Friend。

ビートルズのカバーではなく、ジョー・コッカーバージョンのカバーですね。

Bozおじさんとコーラスの女性も参加して、感動的なエンディングでした。

いま招へい元のサイトを見ていたら、このツアーをもってTOTOは

活動を無期限停止するとか。あ~、見といてよかったぁ。

ルカサーは10月に単独でブルーノートかどこかに来るみたいだけど、

彼のソロはちょっと。。。僕は×なので、今回のライブを見れたことは、

とてもラッキーだったと思います。内容も◎◎◎。

さて次は、一ヶ月後の娘。コン昼・夜、

翌日のSUM41、その週末のベリキュー合同昼です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月23日 (日)

歌ドキッ! 〜ポップクラシックス〜

テーマは「時代時代に生まれて来た名曲を紹介して今に受け継いで行こう」であり、ハロープロジェクトのメンバーが週単位で決められた年やテーマに沿った往年の名曲を歌う。また共演するミュージシャンはいずれもアップフロント所属アーティストで占められている。(wikipedia) http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%8C%E3%83%89%E3%82%AD%E3%83%83!_%E3%80%9C%E3%83%9D%E3%83%83%E3%83%97%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%B7%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%80%9C

残念ながらテレビ愛知では放映されておらず、ようつべなどでしか

見られなかった歌ドキッ!の、印象深いパフォーマンスを集めてみました。

まずは、あややのこれ。難しい曲をのびやかに歌っています。

聞いていて、心地よくなります。

松浦亜弥 - みずいろの雨

次は、ガキさんのロック。

ガキさん、ロックも歌えるじゃん!かっこいいです。

ちょっとぽっちゃりした顔もキュート。

新垣理沙 -

次は、くわえ煙草でスロット打ってたのを写真取られちゃった

彼女が、昭和の名曲を歌ってます。でもこの人はロックは向いてないかも。

後藤真希 - 勝手にしやがれ

歌ドキッ!史上最高、最強のパフォーマンス。

これをみて、またガキさんにノックアウトされちゃいました。

声、雰囲気、振り付け、完璧。胸の大きさとかは、

本家と比べちゃいけません。これ、ちゃんと録音して

シングルカットとかしてくれないかなぁ。

もしガキさんのソロライブがあったら、ぜひ歌ってほしいです。

新垣理沙 - Love Letter

前段で、最強のパフォーマンスを紹介しましたが、

実際の破壊力はこの人以外、ありえません。

寒さ、キショさ全開。歌いきるパワーに感服です。

チャーミーのパフォーマンスを2つ。

石川梨華 - 俺のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ

美勇伝が解散した今後のチャーミーは、小室さんに

曲を書いてもらえば、結構ハマるんじゃないの?とか思ったり。

このリズム感、音程の取り方、歌唱法、まるで小室ファミリーじゃん。

石川梨華 - いとしさと せつなさと 心強さと

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2008年3月13日 (木)

これが幻の新曲?

洋服の青山のCMです。いまは新しいバージョンになって、

これはもう放映してないと思います。

ところで、このCMのBGMって、ひょっとしたら、

リリースが取りやめになったあややの新曲だったのでしょうか?

流行りの”桜ソング”、CMタイアップということだったのかな?

15秒だけ聞く限りでは、あまりいい出来ではないですね。

つまらない、CMタイアップの桜ソングなんて、発売しなくて正解だと思います。

INTER-FMの自身の番組であややは、

「(録音した新曲は)発表するにはクオリティが十分でない」というようなことを

言っていたと思います。

はたして、どうなんでしょう?もうこのCMが放映されてずいぶんたつので、

真相は2chなどで詳らかにされてそうですね。

個人的には、あややにはロックを歌ってほしいですね。

前にここで紹介した経済学者の人は、あややに演歌を歌ってほしいと

言ってましたね。

あややって、ファンにとっては”アイドル歌姫”なんでしょうか。

アイドルが故に、また、ミュージシャンとしての岐路に立っている彼女には、

ファンの好みのジャンルを歌ってほしいと思うのかな。

僕は、あややには、Rainbowがお似合いだと思うなぁ。

これとか

Graham Bonnet, Yngwie Malmsteen - Since You Been Gone

これとかね

Rainbow - I Surrender

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »