« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

2008年2月10日 (日)

Stereophonics live at the club quatro nagoya

ずいぶんと日にちが過ぎちゃいましたが、行ってきました。ステレオフォニックス。

99年か2000年のフジロックのグリーンステージ、

暗くなってからの登場だったように思います。

「緑のアルバム」の1曲目のリフが鳴った瞬間、

鳥肌が立ちました。

無骨なギターと重めのリズム、ハスキーボイス。

覚えやすい名前。

このころから、CDを買ってもライナーを読まなくなりました。

だから、バンドに関する知識はほとんどありません。

UK出身で、故郷はウェールズだというのが、本当なのかどうなのか。

ウィキれば一発だけど、そこまでする必要性を感じないです。

てか、アルバムの名前は新譜の"Pull The Pin"しか知らない。

曲の名前は、まったくわかりません(笑)。

新譜に、タイトル曲があったかな?ないのか?というありさま。

でも、大好きなんです。もう10年ぐらい。アルバムは、

緑、You Gotta、カラフルなの、そして新譜と4枚持ってます。

あと2枚あるらしいようで。コンプリートしてなかったのが驚き。

やる気がない、好きじゃないのではなく、

彼らのゆっくりとした味のあるロックは、アルバムや曲の名前は

あんまり関係ない、そこにステレオフォニックスの演奏があれば、

良質なロックのぜいたくな時間が生まれる、という感じです。

とは言っても、セットリストがどんなのだったか気になったので、

さっき調べました。

STEREOPHONICS@名古屋 クラブクアトロ 2008.02.05


1 BANK HOLIDAY MONDAY
2 BARTENDER
3 1000 TREES
4 MY FRIENDS
5 PICK A PART
6 RADIO
7 JUST LOOKING
8 SUPERMAN
9 VEGAS
10 STONE
11 ROLL UP & SHINE
12 DEVIL
13 MORE LIFE
14 LAST TIME
15 LOCAL BOY

16 MAYBE TOMORROW
17 IT MEANS NOTHING
18 DAKOTA

初日だったんですね。演奏が荒いのは芸風だから、

関係ないのかな。

MCも客いじりも少々で、淡々と演奏して、

さっさと帰って行きました。さすがUKのバンドはこうじゃなくちゃね。

そしてまた、ようつべ貼り。ビデオクリップ見るのも初めてかも。

Stereophonics - Vegas

今回、クラブクアトロって音こんな良かったっけ?と驚きました。

前回来たのは、3,4年ぐらい前の少年ナイフの”712の日”ツアー。

その前は、思い出せません。でも過去には結構来ています。

アクセプト、ナパームデス、ショーン・レノンなどなど。

もっといろいろ見てるはずです。

少年ナイフは、ライブ終わった後でメンバーがTシャツ手売りしてて、

いっぱいサインしてくれました。

次は、来月末のTOTOとボズ・スキャックスのライブです。

チケット代は過去最高、白鳥センチュリーホールで¥13,000です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »