« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月

2007年12月31日 (月)

大変な1年でしたが^^

吉澤卒業発表&衝撃的な弟さんの交通事故死から始まり、

いろいろてんこ盛りだった、ハロプロのこの1年。

新参ヲタとしても、スキャンダルを聞くたびに、

もうなんかしんどいなぁ・・・という感じでした。

WHGに、2007年の事件簿的な記事がありましたが・・・。

もっとも衝撃的だったのは、辻のデキ婚でしょうか。

あの辻ちゃんが、そんなだったのかぁ、と、思わず泣いてしまいました。

でも、太陽との記者会見での笑顔、そして無事に女児出産のニュースは、

とても嬉しかったです。ヤンママアイドル、辻ちゃんならOKでしょう。

今年は現場にも参戦できました。なっちのアコースティックライブは、

なっちらしい、優しくてゆっくりとした雰囲気が、非常に印象的。

春のツアーのDVDでは、フルバンドの演奏になっちが乗れていないような

印象でしたが、アコースティックだと、のびやかに、きれいに歌えている

と思いました。なっちの声質は、大仰な演奏に合わないのかなとも。

あと思ったのは、観客は歌わないんだなぁ、と。

洋楽のライブだと、観客みんなガンガン英語で歌ってるんだけど・・・・。

僕の場合、オジーやクイーンなんて最初から最後までずっと歌いっぱなし

でした。隣の友人も、反対側の知らないOLさんも、ずっと歌ってたけど。

その辺、習慣の違いなんかも楽しめました。

来年は、春の娘。コン名古屋公演、昼・夜参戦します。

ベリキューのツアーも、ファンクラブ先行を申し込んでみようと思っています。

洋楽でも基本は現場系なので、ハロプロも現場系で行きたいです。

最後は、ハロプロ伝道芸人、フットボールアワー岩尾が、

大本命のりしゃこに笑われた番組のようつべを。

それではみなさま、よいお年を。

Mick, Thank you for giving me feeds of hello project !!

I love you!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

!!おめでとう!! 第49回日本レコード大賞 最優秀新人賞 ℃-ute 受賞 !!

自主規制?年齢制限?により授賞式には、

代理でつんく♂Pが出席して、

表彰状、トロフィーなどをMCから受け取りました。

℃-uteのメンバーは、楽屋でのインタビューのみとなりました。

メンバーみんな、泣いて喜んでいる様子でした。

波乱に満ちた、ハロープロジェクトにとってめちゃくちゃな

2007年でしたが、今年に急成長を見せた℃-uteが、

年の瀬に、見事に栄冠を勝ち得た瞬間。

紅白のパフォーマンスも楽しみですね。

出来レースかもしれない。でも、いいニュースですよ、これ。

これを励みに、ますますパフォーマンスに磨きをかけていってほしいです。

金も時間もしっかりかけて、育て上げた℃-ute。

益々の活躍を期待しています!!

個人的には、愛理のソロアルバムを出してほしいですね。

彼女の抜群のリズム感からすれば、いろんなタイプの曲に

スマートに対応できて、いいアルバムに仕上がると思います。

事務所の皆様、つんく♂&彼の仲間のアレンジャーのみなさん、

愛理を、あややを脅かすほどのシンガーに育て上げてくださいな!

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年12月 9日 (日)

台湾の歌番組の模様

Nickのブログ H!P - Hello Non-Pro Hour

記事にあった動画の中から、

台湾の歌番組”Sunday Night Fever”の模様。

吉澤卒業ライブDVD Sexy 8 Beat と同じメドレー

”Love Machine~ザ・ピース~恋愛レボリューション21”

+新曲披露 女に幸あれ +月島きらり チャンス

日本の歌番組では、もう見られないメドレーですね。

小春のチャンスはきらりちゃんの衣装ですが、

メドレーと新曲は、女に幸あれの”ショーパブ”風の衣装で

パフォーマンスしています。

見慣れないカット割りが、いかにも台湾っぽいです。

Online Videos by Veoh.com

いまや人気は凋落し、

9人体制の娘。のテレビライブ映像が”レア”になってしまったことは・・・残念。

しかしここで、ベリーズ、℃-uteやBuono!にCD売り上げが負けたり肉薄されている

現状を嘆いても仕方ありません。

現メンバーは、みんな綺麗に踊って歌えていると思います。

この10年の歴史において、今の9人体制は、

美少女度・歌唱力・ダンスパフォーマンスにおいて最高水準だと思います。

しかし、粒が小さい!水雷艦隊のような印象。

私はWWⅡマニアではありませんので知識は乏しいですが、

それでも例えるとするなら、こんな感じでしょうか。

  • 高橋=軽巡洋艦旗艦(大淀)
  • 新垣=旗艦と同クラスの軽巡洋艦、
  • 6期・8期=駆逐艦 
  • 小春=輪陣形の中心の新造重巡一隻

昔メンだと、

  • 打撃力の戦艦 姐さん=長門 飯田=日向 矢口=金剛 
  • 機動力・攻撃の主体 なっち=加賀 後藤=赤城 保田=飛龍
  • 海戦のエース 4期=高雄級重巡
  • 護衛の小型艦艇 当時のキッズなど

こちらは見事な連合艦隊ですね。

台湾プロモの話題で連合艦隊の話を出すのは不謹慎だったかな?

終戦まで台湾は日本領だったので大丈夫かな?

しかし前から、例えるとしたらそうなんじゃないかな?と思っていました。

今年の紅白は、後輩たちに格の差をきっちり見せ付けて、

大きく成長して欲しいですね。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »