« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月

2007年11月14日 (水)

Boot画像 Asia in Sao Paulo

最近は洋楽ネタばっかりで、

娘。他、ハロプロの事を書いてないけど・・・・

ベリーズの新曲&PVが非常に良くて、

Dohhh Up!でよく見てます。

でも、もっぱら You Tube探索ばっかり。

今夜は、こないだ見たHeaven & Hellを探したりとか。

いいのがあったので貼っておきます。

ロニーの声の状態は、公会堂のときよりも少しいい感じ。

ブートでもこのクオリティ。すげぇ。

Heaven & Hell - Neon Knights (in Kavarna Rock Fes. 2007/6/28)

もうひとつ、思い出したのは、春に見たAsia。

これは、オフィシャルアルバムの東京公演よりもかっこいいぞ?^^;

どーいうこっちゃ??アルバムの”バンドの統一感のなさ”を

感じさせないパフォーマンス。

Asia - Only Time We Tell (in Sao Paulo 2007/3/23)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 6日 (火)

ちょっと前の記事だけど

フットボール岩尾、ベリーズのPVをカバー

岩尾、誘導尋問される

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 5日 (月)

極端な音楽

You Tubeを貼ってばかりで・・・ (-_-;)

しかし、検索するとなんでもあるんだなぁと感心する毎日。

今日紹介する2つのバンドは、

ハードディスクにファイルがいくつかあるけど、

ほとんど聞かない・・・というか、聞いちゃいられないバンド。

でも、なかなかいい音を出しています。

ドラムの腕があったら、こんなバンドをやってみたいです。

魂を削ってる感がgood。たまに出てくる美メロが心をくすぐります。

サバスの孫といった感じでしょうか。 

Anaal Nathrakh - The supreme necrotic audiance - LIVE

こちらは、ステージ(箱)の様子や、撮影のレベルからすると、

なかなかの知名度なんでしょうか?

アルバムだけ聞いていると、なぜこんな”結論”に至ったのか

よくわからない感じだけど、ライブパフォーマンスを見たら、

納得できました。ヘッドバンキング&高速回転が良いです。

叙情性を排除しているところがクールです。

Cannibal Corpse - Hammer Smashed Face

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジョイントライブというか、抱き合わせ?

11月5日火曜日、ダイアモンドホールで

RattとWingerのジョイントライブがある。

行ってみたい気もするけど・・・・ 

当日券があったら、行ってみようかな。

思うに、2つセットじゃなくて、

それぞれがピンで来てくれたほうがよかったです。

個人的には、この2バンドがセットなら絶対に行きます^^。

Poison - Fallen Angel

3コードの名曲。大学時代にライブ版が出てました。

糖尿病のボーカルを休ませるための、異常に長い、

CC Devilのギターソロが非常に苦痛でした^^;

Warrant - Heaven

こいつも3コード。10数年前に、

2nd"Cherry Pie"のツアーを観に行きました。

名古屋市公会堂だったような。

コーラス、ダブルネックギター、フォーメーション、肩車が

懐かしくて笑えます。

なぜか埋め込みができないので、リンク

難しい音楽もいいけど、こういう分かりやすさも大事だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 2日 (金)

ドラゴンズ、日本一!

ドラゴンズ、日ハムを破って53年ぶりの日本一!

ハロプロの曲は思いつかなかったので、

ベタだけど、↓↓ これ ↓↓

Queen - We Are The Champions (Live)

短パンいっちょでグランドピアノ(笑)。小島よしおだなー。

過去に西武に蹴散らされ、日ハムに凹まされ、

やっとの思いで屈辱を晴らしたドラゴンズ、立派な勝ちっぷりでした。

山井、すさまじい気迫のピッチングでした。

犠牲フライでの1点を守りきったドラゴンズ。

こんなにかっこいい試合は見たことありません。

偏屈で知られる落合監督も、今夜はにこやかな紳士に見えました^^。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 1日 (木)

安倍なつみSpecial Live 2007秋~Acoustic なっち~ 名古屋公演

初めての”現場”。

場所は東区の芸術創造センターです。

十数年前の立て替えられる前、浪人していたころに、

図書室?のようなところで受験勉強をしたことがあります。

一曲目は。。。なんだったっけ?度忘れしました^^;

開演して、バンドが演奏し始めたのは、

The Beatlesの Let It Be のに収録されている

"For You Blue"でした。ちょっと面白かったです。

いろいろ関連を考えたけど、なっちとは全然関係ないと思います。

バンドとして「今夜はよろしく~!」、という挨拶なんでしょう。

バンドは、キーボード、アコースティックギター、パーカッションの3人。

ちょうどGyaoでやっていたハロプロアワーのようなセットです。

パーカッションのお姉さん、Asamiさんが、なかなかの美人さん。

来年からソロ活動をするそうです。コーラスもとてもよかったです。

ライブは2曲歌ってMC、また2曲、という進行でした。

新曲”息を重ねましょう”のPV撮影の様子を楽しそうに話していた

なっちは、可愛かったです。トークは、基本的に”自分ワールド”。

今年、いいともに出たときのような、暖かい雰囲気で進んでいました。

特に感動的だったのは、”memory~”と”ふるさと”。

初期の曲は、やはりなっちの声がいちばんしっくりきます。

自分的には、この2曲は物凄く盛り上がって、テンションが上がったけど、

周囲は特に反応がなかったので、ベテランの方々はもうありきたりなのか、

常に新しいものを求めているのかな?とか思いました。

オジーのライブで”Paranoid”や”Children of the grave”を聞くのと同じように、

完成されたものでしか味わえないものもあるのに?と思ったりしました。

全体的にはアンコール前の”Too Far Away”が一番良く聞こえました。

声質とテンポが彼女にぴったりなんでしょうか。

いい曲だったけど、あまり売れなかったことが残念です。

アコースティック、アンプラグトなライブもいいですね。

次のツアーは、また大ホールのライブになってしまうのかな?

それよりも、この路線で行ってほしいなと思いました。

| | コメント (19) | トラックバック (1)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »